美しい佐渡の自然を未来へ!「循環型社会構築」のパイオニア

ご挨拶

環境保全事業の今

21世紀になって十年余が経過いたしております。20世紀は大量生産・大量消費・大量廃棄があたかも美徳とされた時代でありました。無制限に排出された温室効果ガス(CO2)によりそのひずみが今日の世界をヒシヒシと覆っている現状があります。
それは温暖化であり、様々な異常気象現象でもあります。

世界はその反省から持続可能な社会を目指しわが国でも循環型社会形成推進基本法が施行されております。この法の目的は廃棄物の抑制とリサイクルにつきます。
産業界にはあらゆる分野での廃棄物のリサイクルが求められております。

弊社では金属をはじめ汚泥、廃プラ、木くず、繊維くずなどの産業廃棄物から一般廃棄物(古紙、ペットボトル、飲料缶、生ごみ)のリサイクルを社員一丸となって進めております。
わが社が動けば必ず佐渡の環境負荷は軽減されるはず、と自負いたしております。

弊社は佐渡にて環境事業を開始して30有余年となります。
これもひとえに利害関係者の方々のご理解の賜物と深く感謝いたしております。
今後とも皆様のご理解とご支援を宜しくお願い致します。

平成28年7月
株式会社 環境保全事業
代表取締役 村田 茂